フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

店内案内

  • Dsc02837
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

お面

  • 本格般若-01
    各種取扱い面 くわえ面(口でくわえてかぶる面)、お面(ゴムバンド仕様) くわえ面等 今後の入荷のない現品限りの商品もありますのでお早めにお求めください。  木製の能面の取り扱いはございません。   赤鬼 12000円 (税抜)

傷メイク

  • Photo
    いろいろな傷メイクをアルバムにまとめてみました。 くれぐれもメイクです。痛くありません。 ※ 注意  ・グロテスクな物もありますので心臓の弱い方、血や、傷が苦手な方、気分を害する可能性のある方はアルバムを開くのをご遠慮下さい。  ・写真の転用はご遠慮ください。責任を負いかねます。

商品の紹介 ☆かつら☆

  • おすべらかし
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

他のアカウント

無料ブログはココログ

Happy Halloween

  • Dsc07003
    ハロウィンメイク いろんなキャラクターに挑戦しましょう!!

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の1件の記事

2011年7月18日 (月)

#13 夏椿

猛暑日が続いています。

6月末まで雨も多くじめじめで 寒かったり、暑かったりの繰り返しでした、湿度も高く 早くカラッと、晴れないかな~と思っていましたが、いざ晴れてみると…

暑いですね。
意識して水分を沢山取るように心がけましょう。

さて先月6月中旬から末にかけて当店の窓の景色が緑と白でいっぱいになりました。

↓よく見ると白い点々がわかりますか?(当店二階より撮影)

Cimg1580Dsc06213

↓近くに寄って撮影しました。(1階売り場より撮影)

Cimg1573 Dsc06224

これは「沙羅の樹」と言って、花の形が椿によく似ていて、夏に開花することから「夏椿」と呼ばれています。

原産地は日本から韓国にかけて、日本では西の本州、四国、九州に自生し栽培される。樹高は10m程度になる… 当店の夏椿は約10mほどあります!

・開花時期  …  6月~7月初旬 「椿」の名だが、梅雨の頃に開花する。 

・花 … すっきりした白色のきれいな花
            大きさは直径5cm程度、
      花びらは5枚 縁(ふち)には、こまかいギザギザ
      白く雄しべの花糸が黄色い
            朝に開花し、夕方には落花する一日花

・葉 … 楕円形で、長さ10cm程度。椿のように肉厚の光沢のある葉ではなく、秋には落葉する。

・幹 … 樹皮は帯紅色でツルツルし
            「サルスベリ」の別名もある(石川県)

                   
・「沙羅双樹(さらそうじゅ)」と呼ばれることもあるが、お釈迦(しゃか)様が亡くなったときに近くに生えていたことで有名な「沙羅双樹」は、全く別の熱帯樹のこと。

 「沙羅双樹」は日本の風土では育たない。
では、なぜ夏椿がこの「沙羅双樹」に間違われたのか・・・。
昔、ある僧侶が、仏教にゆかりのある沙羅双樹の樹は日本にもきっとあるはず、と山に入っていろいろ探したところ、夏椿の木を見て 「これが沙羅双樹だ♪」と思い込み、それを広めたため、との説があり 各地の寺院では本種の代用としてのこのツバキ科の夏椿が植えられることが多いそうです。

・別名  「沙羅の木」(しゃらのき)。             
        沙羅双樹とまちがえたためこの別名がついた。

Cimg1587

↑黄緑色の沢山の蕾も確認できます。

花が満開で旬の時期には「一見の価値アリ」かもしれません。
来年もご案内しますので是非見に来て下さい。

 

 

今は、窓の外は木立が繁りグリーンカーテンになってなってます。
当店売り場は国道より低く地下ような斜面にあるため、建物の冷気は全て1階に集まるようで店内冷えています。

 

氷でよく冷えているつめたいお茶と、篠栗の井戸水を準備して 皆様のご来店お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »