フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

店内案内

  • Dsc02837
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

お面

  • 本格般若-01
    各種取扱い面 くわえ面(口でくわえてかぶる面)、お面(ゴムバンド仕様) くわえ面等 今後の入荷のない現品限りの商品もありますのでお早めにお求めください。  木製の能面の取り扱いはございません。   赤鬼 12000円 (税抜)

傷メイク

  • Photo
    いろいろな傷メイクをアルバムにまとめてみました。 くれぐれもメイクです。痛くありません。 ※ 注意  ・グロテスクな物もありますので心臓の弱い方、血や、傷が苦手な方、気分を害する可能性のある方はアルバムを開くのをご遠慮下さい。  ・写真の転用はご遠慮ください。責任を負いかねます。

商品の紹介 ☆かつら☆

  • おすべらかし
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

他のアカウント

無料ブログはココログ

Happy Halloween

  • Dsc07003
    ハロウィンメイク いろんなキャラクターに挑戦しましょう!!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の4件の記事

2011年10月30日 (日)

#28 特殊メイク きり傷の作り方

先日 テレビ『めんたいワイド』(福岡放送)を見ましたよと。お客様が来られて。

傷メイクに興味があるご様子でした。

最初は ‘血のり” を見られてましたがだんだんと何が必要かをお尋ねになられたので、道具だけをそろえられても手順がわからないと 意味がないと思い。

その場で 急遽傷メイク手順を見ていただきました。

その時のもようです。↓

切り傷

手順①

Dsc00303

↑ ドンピシャン(ラテックスゴム)¥800税抜き を傷を作る部分にうすく伸ばしつける。

Dsc00773

乾いたら透明になります。

②メイクアップパティ(粘土状 20g¥1200税抜き)を 傷の大きさに形を作って①の上に貼り付ける。

Dsc00774

化粧ヘラ(1500円税抜き)で撫でつけて皮膚と一体化させる。

 ④皮膚の色と近い色のファンデーションをエバーソフトスポンジ(500円税抜き)全体につける。(今回はわかりやすく赤みの濃い色を使います)グリースペイント(800円税抜き)をつける。

Dsc00775

③切り傷にしたい部分にヘラで切り込みを入れる。
深い傷のにしたい場合はヘラを使って傷口になる部分を開いて行く。

Dsc00776

④傷口の底になる部分に、ヘラや筆を使ってグリースペイントの(800円税抜き)焦げ茶色を塗る。

Dsc04325_2

Dsc00777

⑤筆(1200円税抜き)を使って血のりを塗る。
Dsc04331
ブロードペイント(60ml 5色 1000円税抜き
、500ml 5色 5000円税抜き

Dsc00778

血のりの量はお好みで

たくさんもって垂らすのもgood

Dsc00783

※血のりは衣服に着くと取れにくいので注意してください。

今回使った道具
Dsc043235
054
149


他にも
火傷Dsc00394
擦りむき傷Dsc05649

傷メイクを落とすには…

最初に傷の粘土部分をヘラで一気にとり、あとの部分は

ドンピシャンを塗ってますので端の方からはがしていけ簡単に取ることができます。

Dsc00793

最後はステージクレンジングをなじませてフキトールまたはクレンジングチーフでふき取ってください。

148フキトール 1500円税抜き
お肌に優しいスポンジタオルです。好きな大きさにカットし、水で柔らかく戻して使用します。ティシュは肌にとってはヤスリのようなものと言われています。何度も洗って使えるエコな「フキトール」を普段のお化粧落としとしても是非お使い下さい。

肌に付いた血のりをおとすには、ラストローションがおすすめです。(クレンジングオイルは、おちが悪いです)

だいたいわかりましたか!?

先日のお客様にブログに載せますから傷を作る時の参考にしてみて下さい。といいましたが、掲載遅くなりまして申し訳ありません。

 他にも当店のブログで 傷メイク 掲載しています

  ・ 傷メイク その①  「擦りむき傷」

 

  ・ 傷メイク その② 古傷メイク 「黒執事 葬儀屋」風

 

  ・ トップのマイフォトのアルバムにも各種傷をアップしています → こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月21日 (金)

#27  店からの寄り道の紹介 <後編>

店からの寄り道の紹介<後編>です。

見てない方は<前編>から是非見て下さい。

Cimg0625


この涅槃像前の眺めから当店か見ることができます。

上から見おろせばこんな感じです↓
Cimg0607

ブログでの店からの寄り道の紹介<前編>の

問題「コレ↓はなんでしょう?」正解は、

Cimg0610_5

螺髪(らほつ)と言って
涅槃像の頭のいぼいぼでした。
Cimg0614_4

コレです↓
Cimg0601_4

大きさが強調されます。

そして本堂の方へ!

Cimg0575_2

この↑七福人トンネルをくぐります。

Cimg0577_2
仲良し地蔵のプレートが沢山埋め込まれています。

お滝・仁王像↓・仲良し地蔵・巨大招き猫地蔵…
Cimg0529

↑この日はちょうどイベント準備中のようでした。
この左の木は、木の皮が半分焼けはがれています。なんと雷に撃たれた木なんです。雷神様が宿ると記されていました。
ここでは お百度参りが出来るようになっています。


見どころはよく探せばもっといろいろあります。

本堂↓
Cimg0531
本堂の際に7体くらいの大小様々なお地蔵さんが並んでいる お抱え地蔵 と言うのがあります。
1つを選んで正面に立ち願いを唱えてイザお抱え。
重ければその願いごとには努力が必要。
軽ければ願いが実現する日が近い。

そんな意味があったと思います。

それでは南蔵院を後にして。

四季折々の景色が楽しめます↓

Cimg0567

↑この階段を下るとすぐに

「めんたいワイド」のテレビで最初に紹介された
お土産店・お食事処 たまや があります。

Cimg0522

奥が食事処になっていて、

黒御影石のカウンターがあります。
ジャスなど流れる落ち着いた雰囲気です。

Dsc00882


ここでのお食事の私のおすすめは ”カレーうどん” です。

Dsc00865

Dsc00869_4

普段外で ”カレーうどん” など、食べることはまずないのですが、コレはピリッとスパイシーなカレースープがうどんにからんで美味しいです!私的にはカレーうどんヌードルのような感覚で、汁も飲み干す一杯です。

他に
ざる蕎麦、精進弁当、だご汁、チキンカレーも人気です。
(ここのざる蕎麦大盛りは結構なボリュームがあります!)

Cimg0517

店を出て坂を下ると  国道201号線にぶつかり
「城戸」の信号機です。この辺では唯一の目印の信号機です。

この日は天気もよく白装束のお遍路さんに沢山会いました。

白装束の背中には「同行二人」と書かれています。

「同行二人」(どうぎょうににん)とは。

お遍路をするときに信仰されている言葉で。
八十八箇所の霊場めぐりのお遍路さんたちには いつでも空海(弘法大師)がついていて、長く厳しい道を歩いていけるのも お大師様が常に一緒にいてくれるからである。目に見えなくてもそう思う人のそばに必ずいてくれている‥そういう意味だそうです.
このことを忘れずに巡拝していると苦しいことがあっても「修行のひとつ」として乗り越えられる。

と、言う意味があるそうです。

信号機を渡り左に行くとバス停の向こうが
Dsc00892_4

「舞踊小道具 桐生」と、「たまや」の専用駐車場です。
わかりにくいですけど、この↓写真の右側の部分です。
ここ↓
Dsc00897_5

この道沿いを直進すると

Dsc00848

最初の急カーブのところが当店です。

お問い合わせ
TEL&FAX  092-947-5963  (10:00~16:30)

2011年10月 8日 (土)

#26 年に一度の ”ステージ化粧講習会”

2011年は
10月1日(土)に”ステージ化粧講習会”を開催いたしました。

東京より 化粧品の”三善(みつよし)さんから、プロのメイクさん講師としてお招きしました。

今年の講師は(今年は昨年までの講師と変わりまして)
 市川講師です。
Dsc00633_2
声も大きく、ハキハキ とてもわかりやすいと、今年も好評でした。

Dsc00624

毎年沢山の予約を頂き、(多少窮屈だったかもしれませんが)満席の中行われました。

参加されたみなさんの眼差しはとても真剣で、
何か習得し持って帰ろうと言う姿勢がひしひしと伝わりました。 

Dsc00673

先生も皆さんの姿勢に押され講習説明も細かく、ヒートアップされているようでした。

Dsc00724_3

仕上がりはこんな感じです↓
Cimg2724_2Dsc00745_3

ここまで作る過程をポイントを交えて説明がありました。
みなさん積極的に質問もされていました。

小規模の舞台での簡単メイクも
リクエストにお答して講習がありました。
Cimg1038

毎年 秋(9月か、10月のどちらかで開催しています。大変好評につき混雑が予想されます。ご予約はお早めに。

 

案内ハガキをご希望の方は
 タイトルに「化粧講習会案内状希望」と書いて
 ・お名前
 ・ 〒
 ・ご住所
 ・電話番号 を「メール送信」 又は、FAX よりお送り下さい。

 

 

 

 

興味のある方はお問い合わせください
  TEL・・・092-947-5963
     (営業時間:10:00~16:30 定休日:日曜日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月 1日 (土)

#25  本日 10/1(土)は ”ステージ化粧講習会” です!

早いものでもう10月です。
本格的に秋になり、冷暖房なしでも過ごしやすい
いい季節がやってきました。

さて、本日
10 月 1 日 土曜日
13:00より 当店売り場 (貸切) にて、

年に一度の ステージ化粧講習会” を開催いたします。
     ※参加の受付は終了しています。

この為、本日の営業は 10:00~13:30 までとなりますので、ご来店の際はご注意下さい。

化粧講習会お誘いのハガキについて
当店ご来店頂いた方の中で講習会の案内を希望されたお客様と、お電話でお問い合わせ頂いた方にのみ ご案内のハガキを送付させていただきました。

ハガキ送付後・・・ 3日間で満席となりました。

来年のステージ化粧講習会のご案内を希望されるお客様は、年中受け付けておりますのでお問い合わせください。

 

 

 

 

 TEL&FAX 092-947-5963
(営業時間 10:00~16:30  定休日:日曜日)

 

 

 

 

 

 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »