フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

店内案内

  • Dsc02837
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

お面

  • 本格般若-01
    各種取扱い面 くわえ面(口でくわえてかぶる面)、お面(ゴムバンド仕様) くわえ面等 今後の入荷のない現品限りの商品もありますのでお早めにお求めください。  木製の能面の取り扱いはございません。   赤鬼 12000円 (税抜)

傷メイク

  • Photo
    いろいろな傷メイクをアルバムにまとめてみました。 くれぐれもメイクです。痛くありません。 ※ 注意  ・グロテスクな物もありますので心臓の弱い方、血や、傷が苦手な方、気分を害する可能性のある方はアルバムを開くのをご遠慮下さい。  ・写真の転用はご遠慮ください。責任を負いかねます。

商品の紹介 ☆かつら☆

  • おすべらかし
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

他のアカウント

無料ブログはココログ

Happy Halloween

  • Dsc07003
    ハロウィンメイク いろんなキャラクターに挑戦しましょう!!

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の2件の記事

2014年10月23日 (木)

#86  日本エレキテル連合 朱美ちゃん 白塗りメイク

先日、
日本エレキテル連合朱美ちゃんになるお客様が、メイクの予約で来店されました。
Photo
この時期ハロウィンや、年末にかけて出没率が最も高そうなキャラです。

今回は朱美ちゃんの顔の作り方ご紹介します。

まずはベースの
白塗りメイク
作り方↓
http://buyo-kiryu.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/85-150a.html

Hqdefault

そして、ポイントメイク

Dsc00457

目元の グリースペイント6 ブルー と、口紅のグリースペイント 4C赤

又は、

Img550

クラウンカラーアソート1 こちらは4色入っていて便利ですね。


Dsc00315
ブルーを指にとり手の甲でなじませてからまぶたにトントンとのせながらぼかします。
033
固形パウダー状のアイシャドウブルーもあります。
これは舞台用なので発色がとてもいいです!

Dsc00320_2

キレイにぼけたら粉白粉でトントンとおさえましょう。

Dsc00330

眉毛は眉つぶしなどもございますが大変ですのでホワイトを歯ブラシにとり眉毛をとかすと
消えて行きます。
Dsc00333
親指なじませます。

眉毛
548
Dsc00340_2
本来の眉毛の上のおでこの部分に書きます。

Dsc00342
左右対照に書きましょう(^ー^)

Dsc00348
二重のラインをアイホールにひきます。
まぶたに縦線を入れる
045
アイライナーを使ってもいいですね。

Dsc00356
目の下にクリームクレヨンブラックで線を入れます。
013
021←専用シャープナー

Dsc00362

クリームクレヨンブラックでホクロの位置を決めたらぐりぐりとまわして描きます。

185Dsc00371
頬の高い(笑うと膨らむ)部分に ほほ紅3でチークをいれます。

口紅
436432
グリースペイント4C、クラウンカラーレッド
054
紅筆

Dsc00382
口を開けて口角をはみ出して書きましょう。

Dsc00392
一度離れてバランスを見てみましょう。
遠目で見るとお人形ぽくに見えますかね?

Dsc00397
目の下のラインをもう少し太くしました。

Dsc00440
出来上がり。

後は、
白のタートルネックと、おかっぱ頭のかつらを用意したら完璧ですね!

Dsc00904
↑ボブヘアーロング \1944(税込)

 

今日のお客様、
ブログモデル公開を承諾頂きありがとうございました。 

 

 

 

  
 

 

 

 お問い合わせ、営業時間は、こちら。 

 

 

 

 

 

 

2014年10月21日 (火)

#85 ハロウインでも!白塗りメイクの作り方 白ぬりベースメイク

まず、メイクの前に拭き取り化粧水Photo_3コットンにとり、顔の余分な皮脂、汗、汚れをふき取ります。

Dsc00279_5
次に化粧水Photo_4(しっとりタイプ)を掌にとり両手で顔に付けます。

Dsc00282

ステックファンデーション(ホワイト)で顔の広い部分に線を書いていきます。

Dsc00286_3

水に濡らし、硬くしぼったエバーソフトスポンジで、トントンと叩くようにして線を延ばしていきます。

Dsc00289
まぶたのきわや、目の下も塗り忘れなく。

Dsc00295
たたきながら伸ばすことでムラなくキレイに塗ることができます。

↓白さを足したい時は、再度ステックファンデーションを、頬の辺りに
Dsc00292
再度エバーソフトスポンジでトントンとなじませます。

Dsc00459_3
粉白粉(SW)でコーティングします。
粉をパフにとりパフの中に粉をもみ込んで使います。
ハンコを押すように→ゆっくりなでるように。


Dsc00296
ドーランのべとべと感なく、サラッとマットな仕上がりに、色もちがよくねり、次の色が重ねやすくなります。

 

 

ここからは白さのレベルによって2種類説明します。 

 

 

その①

水化粧  <もち、付がよく、濃い白塗りを作ることができます>

の後ろのヘラになってる部分で練白粉をとき皿に取ります。

Dsc00447

適量の水と混ぜ、板刷毛で伸ばします↓まだ水っぽい感じです。(柔らかさの目安は飲むヨーグルト)
Dsc00443_4

板刷毛を持ち上げて液が垂れないくらいの水分で、とき皿の淵で余分な水分を落します。

すばやくまんべんなく顔に伸ばして行きます。小鼻や目の下も忘れずに。
顔を白が覆ったらスポンジパフ
Photo
パンパンと音がするくらい叩いていきます。

Dsc00459_3
再度、粉白粉(SW)でコーティングします。

ベースのその①出来上がり。

 

 

 

その②

パウダータイプのファンデーションで仕上げる。<薄めの仕上がりになります。手早く、簡単で、水化粧に比べコストも抑えられます>

ツーウェイケーキファンデーション(ホワイト)専用のケーキスポンジでトントンと重ねて行きます。

Dsc00303
↓細かい部分もまんべんなく。
Dsc00307_3

再度、粉白粉(SW)で押さえます。

Dsc00300

ベースその②出来上がり。

 

 

それぞれの金額は、

ラストローション \1512
フェイス&ボディローション(化粧水) \1620
ステックファンデーション ホワイト \2160
エバーソフトスポンジ \540
粉白粉 20 ホワイト \1512
パウダーパフ \432

その①
練白粉 白 \1296
とき皿 \324
板刷毛 \1620
スポンジパフ \540
紅筆(ヘラとして使用) \1080

その②
ツーウェイケーキ 00 ホワイト \2700
ケーキ専用スポンジ \378

 

 

 

 

 

 

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »