フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

店内案内

  • Dsc02837
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

お面

  • 本格般若-01
    各種取扱い面 くわえ面(口でくわえてかぶる面)、お面(ゴムバンド仕様) くわえ面等 今後の入荷のない現品限りの商品もありますのでお早めにお求めください。  木製の能面の取り扱いはございません。   赤鬼 12000円 (税抜)

傷メイク

  • Photo
    いろいろな傷メイクをアルバムにまとめてみました。 くれぐれもメイクです。痛くありません。 ※ 注意  ・グロテスクな物もありますので心臓の弱い方、血や、傷が苦手な方、気分を害する可能性のある方はアルバムを開くのをご遠慮下さい。  ・写真の転用はご遠慮ください。責任を負いかねます。

商品の紹介 ☆かつら☆

  • おすべらかし
    2015.10月 新しい写真を追加しました。

他のアカウント

無料ブログはココログ

Happy Halloween

  • Dsc07003
    ハロウィンメイク いろんなキャラクターに挑戦しましょう!!

カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2011年10月21日 (金)

#27  店からの寄り道の紹介 <後編>

店からの寄り道の紹介<後編>です。

見てない方は<前編>から是非見て下さい。

Cimg0625


この涅槃像前の眺めから当店か見ることができます。

上から見おろせばこんな感じです↓
Cimg0607

ブログでの店からの寄り道の紹介<前編>の

問題「コレ↓はなんでしょう?」正解は、

Cimg0610_5

螺髪(らほつ)と言って
涅槃像の頭のいぼいぼでした。
Cimg0614_4

コレです↓
Cimg0601_4

大きさが強調されます。

そして本堂の方へ!

Cimg0575_2

この↑七福人トンネルをくぐります。

Cimg0577_2
仲良し地蔵のプレートが沢山埋め込まれています。

お滝・仁王像↓・仲良し地蔵・巨大招き猫地蔵…
Cimg0529

↑この日はちょうどイベント準備中のようでした。
この左の木は、木の皮が半分焼けはがれています。なんと雷に撃たれた木なんです。雷神様が宿ると記されていました。
ここでは お百度参りが出来るようになっています。


見どころはよく探せばもっといろいろあります。

本堂↓
Cimg0531
本堂の際に7体くらいの大小様々なお地蔵さんが並んでいる お抱え地蔵 と言うのがあります。
1つを選んで正面に立ち願いを唱えてイザお抱え。
重ければその願いごとには努力が必要。
軽ければ願いが実現する日が近い。

そんな意味があったと思います。

それでは南蔵院を後にして。

四季折々の景色が楽しめます↓

Cimg0567

↑この階段を下るとすぐに

「めんたいワイド」のテレビで最初に紹介された
お土産店・お食事処 たまや があります。

Cimg0522

奥が食事処になっていて、

黒御影石のカウンターがあります。
ジャスなど流れる落ち着いた雰囲気です。

Dsc00882


ここでのお食事の私のおすすめは ”カレーうどん” です。

Dsc00865

Dsc00869_4

普段外で ”カレーうどん” など、食べることはまずないのですが、コレはピリッとスパイシーなカレースープがうどんにからんで美味しいです!私的にはカレーうどんヌードルのような感覚で、汁も飲み干す一杯です。

他に
ざる蕎麦、精進弁当、だご汁、チキンカレーも人気です。
(ここのざる蕎麦大盛りは結構なボリュームがあります!)

Cimg0517

店を出て坂を下ると  国道201号線にぶつかり
「城戸」の信号機です。この辺では唯一の目印の信号機です。

この日は天気もよく白装束のお遍路さんに沢山会いました。

白装束の背中には「同行二人」と書かれています。

「同行二人」(どうぎょうににん)とは。

お遍路をするときに信仰されている言葉で。
八十八箇所の霊場めぐりのお遍路さんたちには いつでも空海(弘法大師)がついていて、長く厳しい道を歩いていけるのも お大師様が常に一緒にいてくれるからである。目に見えなくてもそう思う人のそばに必ずいてくれている‥そういう意味だそうです.
このことを忘れずに巡拝していると苦しいことがあっても「修行のひとつ」として乗り越えられる。

と、言う意味があるそうです。

信号機を渡り左に行くとバス停の向こうが
Dsc00892_4

「舞踊小道具 桐生」と、「たまや」の専用駐車場です。
わかりにくいですけど、この↓写真の右側の部分です。
ここ↓
Dsc00897_5

この道沿いを直進すると

Dsc00848

最初の急カーブのところが当店です。

お問い合わせ
TEL&FAX  092-947-5963  (10:00~16:30)